今年の5月の初旬にサツマイモの苗を2本だけわが家の庭の狭い畑に植えました。サツマイモの種類は「なると金時」という品種で、通常はホームセンターなどで10本一束で売られていますが、わが家の狭い畑では10本も植え付けることは出来ません。そのため行きつけの園芸店に、無理をお願いして2本だけ特別に分けて貰ったのです。植え付けてから約5ヶ月の間ですっかり成長して蔓も伸びてきています。10月に入ってテレビのニュースなどでは、幼稚園児などの芋掘の報道がされるようになってきました。そこで今日天気が良かったので、芋掘りをすることにしました。伸びた蔓を取り除き土を掘り起こしていくと、10個ほどのなると金時が収穫出来ました。2本の苗から10個収穫できたことで大変満足な気持ちになりました。ところで、このなると金時は柔らかい甘みとホクホクした味でとても美味しいのです。最も適した食べ方は、何んと言っても焼き芋だそうですが、わが家では天ぷらと干し芋として食べたいと思っています。今年は初めて干し芋を作ることにしました。干し芋にしておけば保存が出来ますし、何時でも食べることが出来ます。今年は一段と甘く干しあがった干し芋を食べる楽しみが出来ました。脱毛ラボ 28箇所