こういう10時代以内で豪華な付録が誌につくのは必須になりましたね。
袋とかポーチとか素晴らしい付録が毎号付いて来るなんて元では考えられない報告でした。
元でいう付録と言ったらとじ込みのパンフみたいな製品が多かったように思いますが、今は実施見込める小物が多いですよね。
今年発売された誌で私の知り合いで沢山の子供が買っていたのが結婚式図書のゼクシィだ。
結婚式真意が薄い子供陣も買ってましたし、誠にダディでも付録欲しさに買ってる奴がいました。
こういうゼクシィですがエリアによって費用がことなるようで、低いエリアだと単に210円で購入することが叶うそうです。
210円というと週刊のマンガ小説よりも安いですよね。
それに豪華な品名とのコラボした付録が引っ付くなんて、果たして誌はきちんと儲けがあるのかどうか心配になってしまいます。
今ただでさえ誌があまり売れない時代と言われてるのに、こうした安く売って豪華な付録を付けて大丈夫なのでしょうか。
無料の通販カタログもあるのでそれを考えれば低額で販売しても赤字にはならないのかも知れないですね。キレイモ 顔