試験管などに対して授業しました。試験管による液体の加熱は、3小説の指で試験管にの上部を携え、ほかの2小説の指は軽々しく曲げておきます。試験管の口は人の掛かるユーザーへ向けてはいけません。液のボリュームは、試験管の5分の1〜4分の1ぐらいに行なう。円をえがくようにふり取り混ぜます。目もり付き試験管は用いません。試験管ばさみは、試験管が熱くなる一瞬などに使います。次は、試験管による固体の加熱についてだ。試験管の口を下よりもわずかに下げます。ガラス管を水から出してから火を消します。折れ曲がらないように行なう。次は、間接的加熱(湯せん)にあたってだ。間接的加熱には、エタノールなどの引火しやすい液体の加熱、高熱(100℃以上)としてはいけない物の加熱、固体がとける気温を図るなど全体を均一に加熱したい一瞬があります。液体の場合、炸裂石を入れます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったです。即日融資 祭日