昔からスポンジお菓子は手作りを通じて焼いてある。手間がかかるように見えますが、本当はテーマさえ計れば、簡単です。玉子の白身のメレンゲ創造もハンドミキサーがあれば一気にできてしまいます。ベーキングパウダーがなくても、白身のメレンゲのおかげでスポンジのように十分に膨らみます。ふっくら焼けたスポンジお菓子に生クリームといったイチゴでデコレーションを通じて、身寄りも喜んで食べてもらえる。
確かに手作りお菓子は美味しいのです。テーマもシンプルに玉子、バター、砂糖、小麦粉のみです。但し、どんなにふかふかときめの細かいメレンゲを作ってお菓子も、お菓子屋様もののキメのこまかいフワリしたスポンジにはならないのです。どうしてだろう、おんなじテーマのはずなのに、あのキメは何というずーっと不思議に思っていました。お菓子屋様もののキメの細かいスポンジお菓子には、スポンジお菓子ターゲット起泡剤というのが使用されているというのです。これを使用すると、あのやさしいふわりした口どけのスポンジになるそうです。ふむふむ、玉子をメレンゲにするだけではあぁはならないことが可愛らしく分かりました。けれども、一般家庭では使用することもないので、なるたけキメの細かさがおショップのお菓子のように生まれ変われるみたい、日々メレンゲ創造を試していきたいだ。脱毛ラボ vライン