借金返済に困った多重債務者が解決の為に簡易裁判所で調停を申し立てます。これは、簡単にいうとローン会社と多重債務者が調停委員と裁判官を同席させて、借金の返済に行き詰ってしまったので、公平な第三者を交えて話し合いをして返済方法を見直してみましょうというものです。この話し合いの際に、法的に問題のある調停結果が出ているケースが多いそうです。たしかに、私も昔ローン会社に勤めていた頃に調停には何度かでたことがあります。その時は会社側から指示された金額で決めなければいけないので、私としてはちょっと返済を続けていくのは難しいだろうなあと思ってはいても、無理にこちらの条件を通した調停結果を出させたこともあります。そういったことが問題になっているものと思われます。また、法的に返済義務の無い家族や兄弟などに資金援助させることはしないという文言ですが、ここは非常に難しい領域です。子が多重債務になれば、親としては助けてあげたくなるものですし、業者はそこをうまくついてくるからです。vio脱毛 おすすめ